ロゴ
>特集>逓増定期保険について詳しく知ろう~節税対策にも活用できる~

逓増定期保険について詳しく知ろう~節税対策にも活用できる~

相談

逓増定期保険は受け取れる死亡保険金が保険期間の終わりに近づくほど急増するように設計されている生命保険です。掛け捨ての保険なので満期保険金が支払われることはありませんが、5年~10年の間に解約返戻金がピークになり、9割ほどが戻ってくる仕組みです。この性質を利用して、企業の節税対策として利用されることがあります。具体的には加入者を企業の経営者とし、保険料を会社が支払うこととします。一般的な逓増定期保険は、期間の前半では保険料の約2分の1を損金に算入できるため、利益を圧縮して法人税を減らすことができます。もちろん経営者が死亡したときは高額の保険金を受け取れますが、返戻金を受け取るため途中解約するのが前提です。

逓増定期保険は法人税の節税になるとはいえ、解約返戻金が戻ってきたときには収益とみなされ課税されてしまいます。つまり税金の繰り延べにあたり、ゼロになるわけではないので注意が必要です。解約返戻金は役員の退職金や設備投資の資金など、一時的な出費にあてて損失と相殺するのが効果的な使い方です。逓増定期保険を契約すると当然ながら保険料の支払いが必要となり、毎月の資金繰りを圧迫する可能性があります。また解約のタイミングを間違えると損失を出してしまうので、あらかじめ綿密に資金計画を設計しておくことが非常に重要です。トータルで節税効果を十分に上げるためには、制度に詳しい保険のプロに相談することを強くお勧めします。

電卓